reform shop 太陽  森 誠志郎のブログ

大阪狭山市でリフォーム会社を営む私の趣味や日常を綴るブログです☆ 
『リフォームの施工例』は右側のカテゴリー内からご覧頂けます!
『史跡・寺院・古墳巡り』も見て下さいね(^_^)/
<< ニサンザイ古墳発掘調査報告会  平成28年5月8日 | main | Ykk ap 『エフルージュ グラン ZERO』 施工例 >>
奈良県 瀬田遺跡 飛鳥藤原第187次調査 現地見学会
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:趣味
 奈良文化財研究所が奈良県 橿原市で行っている藤原京の第187次調査で、前方後円墳の原型(ルーツ)とも思われる

弥生時代終末期大型円形周溝墓を含む3基の周溝墓が見つかったとの事で、現地説明会へ行って来ました☆


調査地は弥生時代の『瀬田遺跡』でもあり、藤原京の建物の柱穴と同時に見つかった周溝墓は
墳丘こそ削られて失われていますが周溝から弥生時代終末期の土器が多数出土しています。




奈良文化財研究所 現地見学会のパンフレットの表紙です。
発掘調査区全景の写真ですが真ん中あたりにある  薄っすらと黒い『C』の形が周溝部分になります(^_^)





最初の写真と向きが違いますが右へ45度まわした図です。

この古墳、他の古墳と比べて大きくないのですが何故 注目されているのかと云うと、、、
〔鐇源代の終末期に造られた、大和地域では最大級〔墳丘の直径約18m・周溝幅6m〕の墓という事
周溝の南側に陸橋があった事

で、周溝墓につながる陸橋を含めた形が後の前方後円墳になったのでは?
と云う説が出てきたのです。 

確かに形が似ていますね☆(^_^)






先週の『ニサンザイ古墳発掘調査報告会』に続き、、
2週連続の古墳色の強い休日!(笑)

注目度が高いので、多くの人が来ていましたよ☆



説明会は『藤原京期』『弥生時代終末期』と分けて行われました。

写真の左側の四角い穴は藤原京期の掘立柱建物の柱穴になります。
写真の真ん中より少し上の黒っぽい土が溜まっているところが周溝(深さ約50センチ)です。




周溝を別角度から見たところです。




周溝に溜まって堆積している黒い土です。
南側の陸橋部分の同じ高さには黒い土がないので、その部分だけは周溝ではなかったと分かるらしいです☆




今回の現地見学会では高校生や大学生くらいの若い世代も多く来ていました。
また、駐輪場の単車ナンバープレートには滋賀や神戸など
遠方からも沢山の方が来られているみたいでした!(^_^)




周溝の西北部で出土した土器
周溝の墳丘側に集中して見つかったので、祭りに使われた土器の可能性があるとの事でした☆




それでは、土器ウオッチングをどうぞ!!










いや〜 血圧も脈拍もあがりますね!!




2本の青いテープの間が陸橋部分です☆



黒っぽく固まった周溝の土が比較的分かりやすい写真。




帰り道、、、
前方後円墳の原型と思われる古墳を見てからの『箸墓古墳!』
これは自然の流れですね☆

箸墓古墳は日本で11番目に大きな前方後円墳で
卑弥呼の墓という説もあります。



5月の青空が少し眩しくて綺麗です☆




箸墓古墳の『箸中大池』日本のためいけ100選にも選ばれています。
池・空・古墳 とても美しい景色です!



 今日は箸墓古墳にも沢山の人が訪れていましたよ☆(^_^)
 
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 23:14 | - | - | - | - |
太陽のホームページへ
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 株式会社 太陽
太陽のホームページへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE