reform shop 太陽  森 誠志郎のブログ

大阪狭山市でリフォーム会社を営む私の趣味や日常を綴るブログです☆ 
『リフォームの施工例』は右側のカテゴリー内からご覧頂けます!
『史跡・寺院・古墳巡り』も見て下さいね(^_^)/
フラッと奈良県 (後編) 『橿原神宮〜神武天皇陵』

 

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

 前編からの続きです☆

 

午後に奈良の中心部、橿原まで戻ってきてから向かったのは『橿原神宮』

 

 

日本書紀で「日本建国の地」と記された橿原で、初代天皇『神武天皇』が創建したと云われています。

 

 

それにしても敷地が広い!!(゜-゜)

 

 

 

南神門

 

 

 

 

外拝殿

壮大な入母屋造りです!

 

 

 

 

 

美しい廻廊☆

 

 

 

 

深田池

カメに混じってスッポンが結構いましたよ!(笑)

ナマズも多かったです。

 

池にかかる桟橋はウッドデッキではなく木樹脂デッキでした☆

 

 

 

長山稲荷社(ながやまいなりしゃ)の鳥居

 

 

畝傍山の山すそを深田池から少し上がったところにあります。

鳥居は神秘的な感じがしますね!

 

 

 

橿原神宮から少し北へ歩くと

初代天皇のご陵『神武天皇陵』があります。

 

 

神武天皇陵は2600年の間、この場所にあったのではなく

幕末に6つの候補地の中から『話し合い』で、この場所に決まったと云われていて

その後に造られた物との事です。

 

 

 

帰り道、奈良で柿の葉ずし&太子町でパンを買って家路につきました☆

今の柿の葉寿司には「あなご」「鯛」「サーモン」等もあるんですね!(^^)

 

| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 23:22 | - | - | - | - |
フラッと奈良県(前編) 『長谷寺 あじさい』〜『ラーメン河』

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 日曜日、長男と2人で奈良県へ行って来ました!(^_^)

 

 

朝7時前に大阪狭山市を出発☆

 

長谷寺の紫陽花〜行列のできるラーメン店『ラーメン河』橿原神宮・神武天皇陵のプランです。

 

 

 

 

朝一にはキツかった長谷寺の石畳階段

日頃の運動不足もあり、今も足首がガクガク!(;一_一)

 

 

 

 

上の2枚の写真を見て自己分析すると、どうやら私は『奥行き感』が好きな様だ!

 

 

 

 

梅雨時期ですが時々青空が拡がって行楽日和となりました☆

 

 

 

長谷寺の紫陽花

 

 

紫陽花のシーズン末だったので花は少なかったけど

それでも緑の中に浮かぶグラデーションは綺麗でしたよ♪

 

 

 

長谷寺を早めに切り上げて、昼食は前から行ってみたかった『ラーメン河』さんへ☆

自然の中にある隠れ家的なこのラーメン店は限定50食で行列が出来るとの事だったので

開店時間の11時半よりも前に行く計画をし、山道を走り川沿いの細い道を走り 10時50分に予定通り到着〜♪

 

 

 

 

だが、なんと既に50名を超え『受付終了しました』の文字が!!!(゜-゜)

 

 

 

11時前に行って食べれないとは夢にも思わなかったが、自分が甘かったのだ。。。

 

 

「しゃ〜ない! ココスや!!」

 

 

困った時のココス橿原神宮前店!

奈良県の中央部に位置するこの店は利便性がよく、大阪人の私であるがすでに15回以上は行っている(笑)

 

そう! 私は食べる店とメニューには保守的な考えの男なのだ!!

 

 

後編に続く☆

| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 22:59 | - | - | - | - |
奈良県 瀬田遺跡 飛鳥藤原第187次調査 現地見学会
JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:趣味
 奈良文化財研究所が奈良県 橿原市で行っている藤原京の第187次調査で、前方後円墳の原型(ルーツ)とも思われる

弥生時代終末期大型円形周溝墓を含む3基の周溝墓が見つかったとの事で、現地説明会へ行って来ました☆


調査地は弥生時代の『瀬田遺跡』でもあり、藤原京の建物の柱穴と同時に見つかった周溝墓は
墳丘こそ削られて失われていますが周溝から弥生時代終末期の土器が多数出土しています。




奈良文化財研究所 現地見学会のパンフレットの表紙です。
発掘調査区全景の写真ですが真ん中あたりにある  薄っすらと黒い『C』の形が周溝部分になります(^_^)





最初の写真と向きが違いますが右へ45度まわした図です。

この古墳、他の古墳と比べて大きくないのですが何故 注目されているのかと云うと、、、
〔鐇源代の終末期に造られた、大和地域では最大級〔墳丘の直径約18m・周溝幅6m〕の墓という事
周溝の南側に陸橋があった事

で、周溝墓につながる陸橋を含めた形が後の前方後円墳になったのでは?
と云う説が出てきたのです。 

確かに形が似ていますね☆(^_^)






先週の『ニサンザイ古墳発掘調査報告会』に続き、、
2週連続の古墳色の強い休日!(笑)

注目度が高いので、多くの人が来ていましたよ☆



説明会は『藤原京期』『弥生時代終末期』と分けて行われました。

写真の左側の四角い穴は藤原京期の掘立柱建物の柱穴になります。
写真の真ん中より少し上の黒っぽい土が溜まっているところが周溝(深さ約50センチ)です。




周溝を別角度から見たところです。




周溝に溜まって堆積している黒い土です。
南側の陸橋部分の同じ高さには黒い土がないので、その部分だけは周溝ではなかったと分かるらしいです☆




今回の現地見学会では高校生や大学生くらいの若い世代も多く来ていました。
また、駐輪場の単車ナンバープレートには滋賀や神戸など
遠方からも沢山の方が来られているみたいでした!(^_^)




周溝の西北部で出土した土器
周溝の墳丘側に集中して見つかったので、祭りに使われた土器の可能性があるとの事でした☆




それでは、土器ウオッチングをどうぞ!!










いや〜 血圧も脈拍もあがりますね!!




2本の青いテープの間が陸橋部分です☆



黒っぽく固まった周溝の土が比較的分かりやすい写真。




帰り道、、、
前方後円墳の原型と思われる古墳を見てからの『箸墓古墳!』
これは自然の流れですね☆

箸墓古墳は日本で11番目に大きな前方後円墳で
卑弥呼の墓という説もあります。



5月の青空が少し眩しくて綺麗です☆




箸墓古墳の『箸中大池』日本のためいけ100選にも選ばれています。
池・空・古墳 とても美しい景色です!



 今日は箸墓古墳にも沢山の人が訪れていましたよ☆(^_^)
 
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 23:14 | - | - | - | - |
ニサンザイ古墳発掘調査報告会  平成28年5月8日
JUGEMテーマ:趣味
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 今日は休みだったので、大仙公園内にある『堺市博物館ホール』で行われた
『ニサンザイ古墳発掘調査報告会』へ行ってきました☆

午後2時からの報告会は約1時間半、先着100名と聞いていましたが
沢山の方が来られていました。



ニサンザイ古墳では、平成24年から27年まで発掘調査が行われ
『濠にかかる幅12m、長さ45m以上の木橋』
『笠形木製品』等が確認されています。(^_^)





ニサンザイ古墳は墳丘が300m、全国で7位の前方後円墳です。
すごく美しい古墳なので、何度も訪れています☆


出土品が堺市博物館ホールに展示されていました。

木橋の脚柱、材質はクヌギかアベマキで
木製埴輪に使われるコウヤマキとは異なるとの事☆



埴輪も様々な種類が出土しています。


他には、まだ展示されてなかったですが
『木製鋤』『さしば形木製品』『鳥形木製品』『笠形木製品』の様な木製品が出土しています☆




堺市博物館のある大仙公園は家族連れで賑わっていました。
花壇には花が咲いてとても綺麗でしたよ! (^_^)



帰りに大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)へ☆



カメラで撮ろうとすると、やはりとんでもなく大きい事を再確認!(笑)
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 23:33 | - | - | - | - |
奈良県 『秋津・中西遺跡』 第26次調査 現地説明会
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:地域/ローカル

  奈良県御所市の『秋津遺跡・中西遺跡』で古墳時代の竪穴建物跡が26棟分見つかり、現地説明会に行って来ました☆


京奈和自動車道 御所南インターチェンジ建設予定地域内が今回の調査区で、2009年以降継続してきた秋津・中西遺跡発掘調査の第26次調査になり この遺跡での建物跡は計81棟にもなるそうです!


ヤマト政権が営んだとも言われる古墳時代の『祭祀集落』

神社の様な祭祀施設と思われる建物と居住地域が溝で区画されている事が分かったとの事ですが
とても大規模な集落跡でしたよ。(^_^)









土器が見えますね!



土間の表面色が違うところがありますが『炉』の様なもので
そこで食べ物を焼いたりしていたそうです☆






京奈和自動車道が見えます。





出土品☆

鏡に見立てて石で造られた『鏡形石製模造品』
奈良県では4例目らしい!
祭祀に伴う遺物と考えられているとの事です。



『車輪石』

 




高杯の土器!
テンションがあがりますね☆







『祭祀』で使用した土器を、まとめて投棄した土抗。




それにしても 迫力ありすぎ!! (;一_一)



建物の内部からも沢山の土器が見つかっています。
 


































井戸枠の立ち上がり断面です☆
少し分かりにくいですが井戸部は土の色が違います。

井戸の中からは高杯等の土器が出土し、井戸の祭祀で使用されたと考えらえているとの事でした☆



 とても暑い日の現地説明会でしたが来て良かったです(^_^)
この後、橿原考古学研究所付属博物館に寄ってから帰路につきました☆
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 00:47 | - | - | - | - |
『収塚古墳』 発掘調査 現地説明会 
JUGEMテーマ:地域/ローカル

 日曜日、大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)の陪塚の一つ『収塚古墳(おさめづかこふん)』
発掘調査 現地説明会に行って来ました。
 
航空レーザ測量による『墳丘測量図』
収塚古墳は仁徳天皇陵古墳の前方部 南東隅近くにあります。

こうして測量図を見ると大仙陵古墳(仁徳天皇陵)の墳丘のテラスが
意外にハッキリと分かるものなんですね!




収塚古墳は濠も埋まり前方部が掘削されているので円墳と見られていた様です。
しかし、昭和47年の堺市の調査で前方後円墳である事が分かった様で
後円部のテラスに埴輪列が残っている事も確認されたとの事です。





 今回の発掘調査は前方部の墳丘隅にあたる「1区」「2区」と
 濠の隅にあたる「3区」
見学させてもらえたのは「1区」と「2区」でした☆






「1区」の前方部の隅部分



「2区」の墳丘裾部分



「2区」 右側が前方部の隅になります。
大きな窪みがありますが、昭和50年頃この場所にスーパーがあったらしく
その建物の基礎ではないか?との事でした。






葺石はまだ調査中ながら、泉南の石の可能性が高いらしいです。

余談ですが百舌鳥古墳群は小ぶりな葺石が多いらしく、古市古墳群は
近くを流れる石川の大きな葺石が多く使われている様です!





葺石の間に埴輪片を発見!




今回の発掘調査で見つかった埴輪片や須恵器







出土した埴輪や須恵器は5世紀中頃のものと考えられ
大仙陵古墳と ほぼ同時か少し後に構築された様です。(^_^)




収塚古墳から歩いて大仙公園へ☆
大仙公園内には2棟の有形文化財の茶室があります。




『伸庵』



『横梅庵』





『伸庵』で抹茶と砂糖菓子を頂き、帰りにいつもの『いたすけ古墳』に寄るのでした。

続く☆(^_^)
 
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 23:26 | - | - | - | - |
しおんじやま古墳 
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 日曜日『奈良県 明日香村 小山田遺跡 現地説明会』に行った後、
箸墓古墳を経由し大阪の八尾市へ☆



復元古墳の心合寺山古墳しおんじやま古墳へ行ってきました!(^_^)

まさに古墳一色の休日!(笑)




しおんじやま古墳へは何度も来ています。
ここは古墳を学ぶのに適していて、学習館も併設されているのです☆







飾られた埴輪列は規則正しく並んでいた様で忠実に復元されています!
一般的に「古墳=森」のイメージがあるみたいで
古墳が造られた時の姿を知らない人もいるかもしれませんね。







しおんじやま古墳は大型の前方後円墳ではないですが、それでも墳丘に上がれば街が見渡せ
築造当時の景色が想像出来ます。
世界遺産登録を目指す『百舌鳥・古市古墳群』にも復元古墳は欲しいところです(^^)/




併設された『八尾市立しおんじやま古墳学習館』の中には何ともシブいガチャガチャが…




『素敵すぎる!!』








粋なデザインの湯呑みも見つけ、迷うこと無く購入しました!(^^)/
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 23:52 | - | - | - | - |
奈良県 明日香村 小山田遺跡 現地説明会
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 奈良県 明日香村 川原の小山田遺跡で7世紀中頃の巨大な方墳の一部が見つかり、
橿原考古学研究所が現地説明会を行うとの事で高校時代の友人と行ってきました。(^_^)

県立明日香養護学校の改築工事に伴い見つかったその一辺は50m以上で、もし方墳(古墳)であるなら
蘇我馬子の石舞台古墳を凌ぐ飛鳥最大級の方墳になるとの事です。


古墳の規模・構造の類似点から舒明(じょめい)天皇が没後最初に葬られた初葬地『滑谷岡陵(なめはざまの
おかりょう)』
との説が有力ですが、飛鳥と云う蘇我氏の本拠地(舒明天皇は蘇我氏に対抗意識があったとされる)に
古墳をつくるか? 蝦夷の大陵ではないか?(蝦夷・入鹿が双墓を造ったとされる) との異論や
蘇我本宗家の族長の墓との説もあるようです☆

ただ、石室の出土もないので古墳かどうかも定かではなく、甘樫丘にあったとされる蘇我蝦夷・入鹿親子の邸宅の可能性も
ゼロではないですね!(^^)



前置きは長くなりましたが行ってきたのは赤い部分の
小山田遺跡 5・6次調査

 報道関係のヘリや各新聞社の記者、びっくりする位の考古学ファンで
近辺は賑わっていました☆



写真の向こう側にある板石積み部分が方墳の墳丘裾部との事でした。



板石積み部分の上部は方形に加工した室生安山岩を10センチずつずらしながら
約25度の傾斜で段積みしているとの事です!



板石積み部分の基礎部は結晶片岩が2段に積まれています。







写真の右下の様な大きなくぼみが数か所ありますが、以前の校舎の基礎部分だそうです。



方墳があったとされる場所(掘り割りの南側)には建物が現存します。







貼石と敷石は主に石英閃緑岩で丁寧に並べられています。













今後、小山田遺跡の発掘調査が続いていくのかどうかは分かりませんが
有力な手掛かりになる様な物が出土して解明されると良いですね☆



帰り道に…

天武・持統天皇陵(^_^)





箸墓古墳にも寄りました!

続く☆☆☆
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 23:46 | - | - | - | - |
男の手料理☆前方後円墳おにぎり
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 昨日のバーベキューからすっかり料理モード…
朝から「おにぎり」を作っていました!


出来た!!
『前方後円墳型おにぎり(古墳おにぎり)』(笑)




一応、よく見ると三段築成になっている本格的な『前方後円墳型おにぎり』
古墳に少しうるさい人にも納得してもらえるであろう一品☆


前に作った『前方後円墳カレー』(古墳カレー)は家でしか食べれないが、
これなら「古墳めぐり」にも持っていけるし、子供のお弁当で持たせる事も出来る!(^_^)

アレンジで前方後円墳型焼きおにぎりも出来るしね!(グフフ、、、)

昼からは天気も良かったので健康の為にウォーキング☆
百舌鳥古墳群の中にある
『土師ニサンザイ古墳』へ!


『土師ニサンザイ古墳』 
いつ見ても綺麗な形をしています。

「美しい、、、」(目を細める)




隣接する公園の遊具も埴輪をモチーフにしていて素晴らしいです!

土師ニサンザイ古墳の周りをゆっくりウォーキングしましたが
昨日とは打って変わって暑いくらいでした。(^_^)
 
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 18:53 | - | - | - | - |
クラスメイトと『太子町〜橿原〜明日香村』を巡る☆
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 『大阪府立狭山高校6期生 3年11組の同窓会』が今年の夏に行われる予定です☆

年齢的に集まりやすくなってきているので、年に2回位集まっているのですが
今回は坦任だった先生が定年を迎えたので「ちゃんとした同窓会をしよう!」
気軽に集まれる数人で今年に入ったあたりから同窓会の段取りをしているのです。(^^)

そして今回、同窓会の成功を祈願しに奈良県の橿原神宮へ行く事になり
クラスメイト男女4名の各夫婦と花の独身貴族1名が加わった計9名が2台の車に分乗しての日帰り企画となりました☆



朝9時に富田林で集合し、まずは太子町『叡福寺』へ!

叡福寺の聖徳太子陵
この後、聖徳太子が摂政をしていた女帝『推古天皇』の陵を訪れ、
聖徳太子繋がりで遣隋使『小野妹子』の陵へ☆


まとちゃん 


聖徳太子の陵墓に毎日献花する為に移り住んできた事から小野妹子は「華道の祖」とも云われ、
この小野妹子陵は華道の池坊が管理しているとの事です。



その後、竹内街道を走り奈良県へと向かい橿原市へ!
橿原市ではまず初代天皇の『神武天皇陵』を訪れました。


 まとちゃんとタケシ


本日のメイン『橿原神宮』にやって来ました!(^_^)

大きなタケシが小さく見える!


スケールが大きくて綺麗な橿原神宮







橿原神宮で同窓会の成功を祈願しました!
一人でも多く参加して欲しいです。(^^)




午後からは明日香村へ移動しレンタサイクルで行動しました☆


颯爽と飛鳥国営公園 高松塚地区を快走中♪
この後、高松塚古墳を見学しましたよ!


日頃、自転車に乗る事がないので上り坂は少しきつかったですが
自然の景色や風を感じながらのサイクリングは気持ち良かったです!


飛鳥寺に到着☆(モデル まとちゃん)

596年、蘇我馬子に建立された当時は現在の20倍の広さだったらしいです。



下りの次には上りがあるのが世の常…
「疲れた」「しんどい」と言いながらもペダルを漕ぎ続け『石舞台古墳』にやって来ました。(^_^)



蘇我馬子の陵とも云われている石舞台古墳』
横穴式石室の中を見学中♪


 石室内でタケシが謎の行動!(笑)



気分は修学旅行♪ 結構 似合ってる!?


高松塚古墳『女子群像壁画』の絵皿を発見!!

どんな美味しそうな料理を乗せても皿の絵に負けてしまいそうだ!




最後に石舞台古墳をバックに全員で記念撮影☆ (^_^)

                  【写真掲載許可確認済】

ちょっとした遠足みたいで楽しい1日になりました♪

さて、同窓会成功祈願の成果は出るのか!? (^^)/
| 森 誠志郎(もり せいじろう) | 史跡・寺院・古墳巡り☆ | 22:34 | - | - | - | - |
太陽のホームページへ
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 株式会社 太陽
太陽のホームページへ
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE